定年退職後、専業トレーダーに MT4自動売買とスキャル、トラリピ 男の料理や政治ネタも
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月20日 (月) | 編集 |

今日はしんどかった。


アジアタイムはどうも自分には合わないようだ。

というか、いつの間にか逆張りになっていた。


いったんは、50万円を突破するも、ズルズルと落ち込んで、ついに44万円を切ってしまう。


欧州タイムに入って、調子を取り戻し、52万円に届くも、23時の発表の時、欲張って、ショートポジションを決済しなかったため、一気に94.63まで担ぎ上げられる。


23時過ぎの、目が回るようなスピードと値動きに対処するために、損切りは思い切って遠くに置いた(26pips) これは正解だった。



またしても口座44万円を切ったところで、じっと我慢。なんとかその後じりじりと下げてきて、プラスを確保して今日は23:30でおしまいとした。


欧州時間に52万円を突破したところで、止めておくべきだった。


粘って、何とか挽回したが、くたびれ果てた。


それにしても、またしてもポジションを大きく取りすぎ。


自分のルールの6倍も、持ってしまった。
(最大時USD/円  90万ドル)


ちょっとギャンブルに走りすぎている。


改善しないと、いつか大きくやられる。

 


 

今日の検証 7月9日227,439円からスタート

昨日の口座残高 460,048  

今日の口座残高 538,963   +78,915円  
   +24pips              +17.1%


今日の戦績 55勝42敗
 (ロング37回 ショート60回)

トレード時間 約11時間(亜・欧・米タイム)

今日の目標値 ↓
  ( 目標は、スタート時点からの複利による目標 )

目標低3%

目標標準5%

目標高10%

288,113円

336,031円

487,536円

8ヶ月後 

8ヶ月後

8ヶ月後

6千万 コース

2億コース

6億コース

 

自己ルール: 勝ち逃げを上策とする。負けているときは粘る。
損切りは、状況に応じて変幻自在に設定する。ただし、エントリーして何よりもまず設定する。 
逆張りになっていないかチェック。トレンドフォローに徹する。      

 



明日は、泊まり込みでの仕事のため、
ブログとトレードはお休みします。

スポンサーサイト
2009年07月20日 (月) | 編集 |

最近、手数料無料、スプレッド0.5?1銭という業者が増えてきました。


しかも口座開設でキャッシュバックの特典付きです。


これでは業者はどうやって儲かっているのでしょうか。

私は、それこそスリッページだと思っています。

まず、どんなに値動きが急で、注文が殺到しそうなときでも、顧客に取って不利益な方向の注文はクリックと同時の値段で約定します。

(上昇するときに売る、あるいは下落時に買う場合)、その逆の場面では3秒以上も約定しないことがしばしばです。

これは業者のシステムがあらかじめそのようにプログラムされていると考えるのが自然でしょう。


私は、多少スプレッドは広めでも、スリッページがない方が嬉しいのですが・・・・・

スパーマーケットで売っているキュウリのように、客が見た目で選んでしまうような状況では、僅少スプレッドを競う方向にならざるを得ないのではないかと思うのです。(もしかしたら形はいいけれど農薬漬けかもしれません)



そして、不透明なスリッページのシステムに流れるのだと思います。


では、このスリッページにどのように対抗するか。


まあ、業者への手数料だと思って、あきらめることも大事です。

しかし、やっぱり嫌ですよね。



私は、値動きの少ない時を狙って、売買することも心がけています。


まあ、それではタイミングを逃すリスクが大きいのですが、

これから、急に大きく動きそうだという匂いをかぎつけてトレードする用にしています。


実際に、売買してから10秒後に、トレンドが発生したような場合は

思わずガッツポーズです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。