定年退職後、専業トレーダーに MT4自動売買とスキャル、トラリピ 男の料理や政治ネタも
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年10月18日 (日) | 編集 |

前記事のあじさいさんのコメントにお返事のコメントも書きましたが、
さらに「ハルマゲドン」に触発されて、
いつかは記事にしたいと思っていた私の死生観について書いてみたいと思いました。

日曜日でFXもお休みなので、たまにはこういう記事もいいでしょう。

私も今年、前期高齢者の仲間入りをしました。
残された人生がどれだけあるのかわかりません。
今の健康状態からすれば、当分死ぬことはないとは思いますが、人間、いつ何があるかわかりません。明日階段から落ちて死ぬかもしれないし、朝起きたら脳出血で冷たくなっているかもしれません。


死後の世界はどうなんだろう。今の時点で到達した考えは簡単です。
「誕生する前の自分」を思うことです。
生まれる前の自分に戻る。つまり何もない、意識もない「無の世界」です。



そういう状態を何度か体験したことがあります。
手術や内視鏡検査の時の睡眠導入です。

日常の睡眠とは違った感覚です。
日頃の睡眠は夢を見ます。
眠っても時間の経過を感じ、生きている感じがするのです。

でも睡眠導入はレム睡眠が無いように感じました。
いきなり 覚醒ーノンレム睡眠ー覚醒
という感じで、まさに無意識の世界を体験しました。
時間の経過も感じません。


生まれる前に戻るだけと考えれば、何の恐怖もありません。

あるのは死に至る過程の苦痛への怖れがあるだけです。

そういう点では緩和ケアを望みます。

苦痛の時間は短ければ短いほどいい。
苦しみの時間が1日以上も続くのなら、
むしろ早く死にたいです。

臨死体験もちょっと期待しています。

死を前にして思い残すことがないように、
今できることは今のうちに片付けておきたい。
そういう気持ちです。

でも、そうは思っても、先延ばしにしている自分がいる
ダメダメ人間です。

死によって、自分の意識はなくなりますが、
生きている間に実現できなかった宇宙旅行は、
自分を構成していた粒子が実現してくれます。

何十億年か先の時代に
太陽が死を迎え太陽系がバラバラになる時に

私を構成していた粒子は高速で吹き飛ばされ、
宇宙空間を旅します。

百億年後、宇宙の辺境で新たな星を構成する物質の一部になるかもしれません。

あるいは冷たくなった褐色矮星の一部となって、
宇宙の終焉まで宇宙空間を漂い続けることでしょう。


もっと後の宇宙の終焉で、
単なるエネルギーになり、
やがてそれもなくなり無になり、

無のゆらぎからまた新たな別の宇宙が生まれるかもしれません。


またもっと近い未来で考えれば、
私の身体が火葬されて、煙や灰となった粒子の一部は、
数十年後、数百年後どこかの樹の一部になり、
あるいは微生物の一部になり
昆虫や魚、動物の身体の一部になっているかもしれません。
一部は海底の土になっていることでしょう。

仏教的な輪廻転生の世界観に似ているとも言えます。
でも意識もないのですから、見ることも体感することもできません。
残念というか幸いというか(笑)


いつもブログ応援ありがとうございます    
    ↓    ↓     ↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログへ   人気ブログランキングへ

関連記事


コメント
この記事へのコメント
私は仏教徒でもキリスト教徒でもエホバの証人等でもなく無宗教ですが聖書を読むきっかけになったのは25歳の時に家を訪問してきたエホバの証人からです。
エホバの証人は独自に聖書を訳した経典を使っている事で異端とも言われている事をずっと後になって知ったけど個人的な偏見など毛頭ありません。
ただその訪問をきっかけにして理屈抜きに本能的にキリスト教に弾かれるものがあり新旧約聖書を通読しました。
FEBCキリスト教放送局というラジオも何年も聴いていましたが今では全く聴きません。
あれから数十年経過したけど結局は神がいるのかいないのか今だに分からないし、魂は永続するのか?死滅するのかも分かりません。
ただ鼠さんのように自由な死後の魂で十分ではないかと思ってもいます。
浮かばれない先祖が苦しんで不幸をもたらしているという恐さよりそんな思考の方がずっと救われるし清いですからね。

2015/10/18(Sun) 09:35 | URL  | あじさい #sSHoJftA[ 編集]
【苦しみの時間が1日以上も続くのなら、
むしろ早く死にたいです。】

皆そう思っているはずですが、日本では尊厳死が事実上全く認められていません。 北欧程度にはなって欲しいものです。
2015/10/18(Sun) 09:38 | URL  | ねむゴン #-[ 編集]
ホスピスですと、9割の痛みを

軽減できるそうです。

延命治療を避け、さっさとポスピスに

行きたいと思います。
2015/10/18(Sun) 10:10 | URL  | こじろう #-[ 編集]
追伸☆

その前に、ホステスにも

会っておこうと思います☆
2015/10/18(Sun) 10:13 | URL  | こじろう #-[ 編集]
あっ、ホステスさんはコリゴリっす~><
2015/10/18(Sun) 17:43 | URL  | kahanamoku #-[ 編集]
窮鼠の死生観感動しました。
「生まれる前に戻る」
そうなんだ
2015/10/18(Sun) 18:15 | URL  | テンリュウリバー #-[ 編集]
>私の身体が火葬されて、煙や灰となった粒子の一部は、
>数十年後、数百年後どこかの樹の一部になり、
>あるいは微生物の一部になり
>昆虫や魚、動物の身体の一部になっているかもしれません。
>一部は海底の土になっていることでしょう。

この考えにとても共感します。
なので世の中にあるすべてのものや人は自分とつながりがある・・・そんな感覚です。
自分に優しくなることは他人にも優しくすることにつながったり
人に優しくすることが結局自分へ優しくすることだったり。。。という考えです。
無宗教ですけどね^^
2015/10/18(Sun) 21:53 | URL  | きょこ #-[ 編集]
二十歳を過ぎたあたりから・・・
いつ自分の存在がなくなっても良いように・・・って
思って 過ごしてきました・・・
最近は 更にパワーアップしているようで
今しかないから・・・って 想いが強いです
今できることすべてを叶えようと
毎日 がむしゃらですね(^_^;)

死を怖れることは 私にはないかもです
誰にも言えることですが・・・
いつも身近に死があります
でも なかなか・・・みたいです・・・
まだまだ 精進が足りないようですよ(^▽^;)
2015/10/18(Sun) 22:31 | URL  | くるり♪♪♪ #-[ 編集]
死ぬの怖いです。
2015/10/20(Tue) 01:16 | URL  | エオリア #-[ 編集]
深いなー深い・・やはり人生経験値のある人の
言葉は違うな。

私は一時瞑想に凝ってた事があって、ちょっとイカれてる
ぽく聞こえますが、意識を体外へ飛ばすとかいうのやってましたwまあたいして飛びませんでしたが。
私も同じような死生観です。人間がエネルギー体だとすると
それを入れておく器である体が無くなって無に帰るだけだと。
恐怖は痛みに対してだけですね。

最近始まった「無痛」というドラマで「痛みが人の生きる希望を
奪う」という台詞があり本当にその通りだと思いました。
近い将来、痛みなく生を終える時代がくるかも知れないですね。
2015/10/20(Tue) 13:29 | URL  | Ryoko #-[ 編集]
こんにちは
私も死ぬのが怖かったタイプですが、
最近は、地球での学びが終わり宇宙へスピリットが戻る(ここも宇宙ですが…)んだなぁと
思うようになり前よりは、怖くなくなりました。
地球にいる間に少しでも地球をきれいにしたいですね!
2015/10/23(Fri) 12:20 | URL  | fusa #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。