定年退職後、専業トレーダーに MT4自動売買とスキャル、トラリピ 男の料理や政治ネタも
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年06月27日 (日) | 編集 |
今日は、4月から専業トレーダーになった窮鼠の一日の過ごし方を書いてみようと思います。


朝5時?6時に目が覚めます。

家事の始動は7時なので、それまでベッド上でノートPCを使って昨日のトレードの集計をします。

これは、ブログに載せるためと同時に自分のトレード記録になっています。

それから、トラップの決済をチェックし、リピートの注文を発注です。


私の刻みだと、だいたい平均して1日に10?20本は決済があるので、それらについて再度、発注するのです。

これが結構間違えやすい。過去に発注していたのにダブっていたり、抜けていたりするケースも多々あります。

なにしろ寝起きの頭でやっているので、ミスも多くなります。


また、前日のトレードやW杯のTV観戦などで寝不足のときは、ぎりぎりまで寝ていることになりますので、発注作業が遅れます。

これを自動化できれば、朝の時間に余裕ができるし、間違いも減るのではないかと、MT4による自動売買に挑戦することになりました。

まだ4本のトラップまでしか作っていませんが、4本も10本もプログラム作成の労力が増えるだけで基本は同じなので、

何とかなりそうです。


でも、基本的なことが分かっていません。

同じ通貨ペアーで複数のプログラムを動かすことができるのか、

二つ目のチャートを使えば可能なのか、

違うつうかペアなら可能なのか、

プログラムをチャートに落とすことから考えると、画面に表示できるチャートの数だけプログラムを走らせることができるとおもうのですが、どうでしょう。

わからないときは、
masaruさんという、心強い師匠がいます。

なるべく師匠を煩わせることなく自力で頑張ろうと思うのですが、どこまでできるでしょうか。


さて、朝の家事のことですが、

進行胃がんの父の食事を作っています。

父は大正生まれですが、昨年まで元気に仕事をしていました。

最近、食欲が減退しているので、どう食べてもらえるか、工夫のしどころです。

また、胃の腫瘍を傷つけ出血による貧血になることを防ぐために最近では、おかゆとゼリーなど半流動食を用意しています。


すでに手術が不可能な父は、遺伝子治療に望みをかけています。

胃の腫瘍は小さくなってきているのですが、すい臓など他の部位のガンの進行が心配です。

100歳万歳という番組に取り上げてもらえるまで長生きしてもらえればと思うのですが・・・・。


私の妻は土日だけ、この実家にきてくれて、私の代わりに家事をこなしてくれます。

それでもかなり助かっています。


平日は妻は自身の仕事の都合上、自宅にいるのです、


さて私は食事の片づけが終わると、洗濯ものを干して、家の掃除、家の周りのはき掃除をします。

それらが終わるころ、午前中の山場、10時から11時の値動きをチェックします。

もちろんトレードできそうなときは、積極的にエントリーです。





関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
マジックナンバーを変えたほうが良いとは思います。

数字を変えてコンパイルするだけですからね。

私の父は昨年、がんで亡くなったので、大変さは分かります。

私のプログラム使ってみます?
2010/06/28(Mon) 01:31 | URL  | masaru #-[ 編集]
No title
家事とトレードの生活。とても大変そうですね。
私にはとても勤まりそうにありません。
頑張ってくださいとしか言えません。
2010/06/28(Mon) 08:53 | URL  | うっさん #Ul1C9RXA[ 編集]
No title
たしか、お父さんと旅行の記事がありましたよね
そのお父さんがお病気ですか・・・

私も身内に病人が出ましたので、窮鼠さんのお父さんと共に、奇跡でも何でもいいので元気になって欲しいと思います
2010/06/28(Mon) 17:31 | URL  | WIN #-[ 編集]
Re
masaruさんへ
 本日、本口座に入金しました。プログラム是非使わせてください。

うっさんへ
 いやあ、サラリーマンをしていた時からすれば、今の生活は余裕です。
料理を始め、家事も楽しいものです。ただ、最近、せっかく作っても食欲が出ないと言って食べてくれないのでこまっています。食べないと体力をどんどん奪われるのでなんとか食べてほしいのですが、みるみる痩せていく父を見るのはつらいです。

WINさんへ
 旅行のころは、まだ元気だったのですけどね。その後、悪化してきました。飛行船も予約してお金を支払ったら、その後、飛行船会社が倒産して、乗れませんでした。お金も戻ってきそうにないです。父は「いい夢を見させてもらったと思ってあきらめるしかないね」と言っていますが・・・

2010/06/28(Mon) 22:21 | URL  | 窮鼠 #-[ 編集]
No title
すこしでも、動けるときに連れて行ってあげたいですね。

私は4回温泉に連れて行きましたが、その後は車で移動も苦しくなってしまいました。

いまでも、あれをしてあげれば良かったと思うことはありますが、10年以上でしたから、私にも看病の限界だった気がします。
2010/06/29(Tue) 01:24 | URL  | masaru #-[ 編集]
看病
masaruさん
 10年以上とは・・・大変さが半端でなかったですね。
 希望の光が続くといいのですが、良くなったり、悪くなったりの繰り返しのなかでだんだんと弱っていっているのがわかるのがつらいです。
2010/06/29(Tue) 07:58 | URL  | 窮鼠 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。