定年退職後、専業トレーダーに MT4自動売買とスキャル、トラリピ 男の料理や政治ネタも
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年03月28日 (月) | 編集 |
自動売買FOREX.com口座     

「使えるネットVPSサーバ」へMT4の移行が完了したので、
今日はMT4によるトラリピの設定を行いました。 ↓

レンタルサーバーなら使えるねっと 

大震災と原発事故、G7各国による協調介入等、円相場の今後の動きが読みにくいこともあり、また、円の乱高下で口座が強制決裁されるというリスクを避けるために、意図的にクロス円の通貨ペアを排除してみました。

採用した通貨ペアは、GBP/AUDショート、EUR/USDロングです。
プラススワップが付く組み合わせにしました。
今回は一応メジャーな4通貨です。

口座資金375万円を
魚屋さんのクルクルワイド手法で運用します。

想定レンジはGBP/AUDで1.52?1.65 トラップ130本
        EUR/USDで1.30?1.42 トラップ120本です。
直近6ヶ月のレンジでトラップをかけることにしました。

設定はどちらも1000通貨ずつ10pips刻み 50pips利確です。
一回の決裁で500円の確定益が入ります。

一応、双方とも、反対のヘッジポジションを作ります。
GBP/AUDは1.55以下で10pips刻み 2000通貨ずつ 32本のロングトラップ
EUR/USDで1.39以上で10pips刻み 2000通貨ずつ 30本のショートトラップ
で利確なしのヘッジポジションを積み上げていきます。

全てにヒットすると、トラップリピートイフダンの半分のヘッジポジションが出来ることとなります。

Strategy Tester(バックテスト)の結果は
直近の6ヶ月間で、
GBP/AUDは、約65%の利益、最大ドローダウン18.5%
 トレード回数 約1500回
EUR/USDで 約45%の利益 最大ドローダウン17.5%
 トレード回数 約1150回
という結果になりました。

もちろん、過去の成績ですので、未来は分かりません。

使用EA  →  :masaruさんのadifdonking  
    
ランキングアップの応援クリックしていただけるとうれしいです。
     ↓                      ↓
にほんブログ村 為替ブログへ


日本法人のFOREX.com MT4専用口座で運用しています。
口座開設は、こちらからどうぞ ↓  日本語でラクラク開設できます。

Gain Capital Group
関連記事
テーマ:MT4自動売買
ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。